1610年、冬のガリレオ / 冬になると聴きたくなるinstrumental

"秋になると聴きたくなるinstrumental"ってタイトルで書いたことがあるので、"冬になると・・・"も書きましょ、と考えていたら真っ先に浮かんだのがこれです。

さむーくてホシのきれいな夜に聴きたくなるのがこの曲なのです。

ムーンライダースのキーボーディスト岡田徹さんの1stソロアルバム「架空映画音楽集」の1曲目です。
その名の通り、架空の映画のサントラというテーマで作られている、このアルバム。幻想的だったり、どこか郷愁を誘うものだったり、どの曲も様々な場面が思い浮かぶ本物のサントラ以上にサントラ(?)、アレンジの妙にも脱帽なのですが、岡田さんってステキなメロディーメイカーだなっと思わずにはいられません。

だぁ・・・もう20年以上も前のアルバム。でも何年か前に復刻したようですよ。アマゾンにありました。
そしてそもそも、この曲をYouTubeにあげてくださった方に感謝です☆
→と思ったらいつの間にかなくなってしまいました…とても残念。でもなくなるまでありがとうございました。

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

自分の好きなインストものについてご紹介しつつ、つらつらと書いております(長らく洋楽歌詞の和訳を載せていましたが、思うところあって非公開にしました。現在は、インストもののご紹介のみをしています)。


Words from the Sleeping Heart

こちらでは映像と実務の掛け持ちフリーランス翻訳者(つまり私ですが)のつれづれを人知れずそして誰にともなくひっそりと書いております。

Contact me!

名前

メール *

メッセージ *