Cast Your Fate to the Wind / 秋になると聴きたくなるinstrumental

のろのろとホットケーキを作って、さぁ食べるぞってとこで、メープルシロップを切らしてるのに気づいて大ショック・・・うー、気を取り直して、ハチミツで代用。まぁ、George Winstonバージョンのこの曲でも聴きながらゆっくり食べよう。

"Cast Your Fate to the Wind"は元々はVince Guaraldiというジャズ・ピアニストの曲です。
昔、アニメのスヌーピーのサントラが欲しくて探したとき、このヒゲのおっさんが担当していると知ってえらくびっくりしたものでした(このビデオの冒頭でも一瞬映ります)。この曲はサントラ用として作られたわけではないようですが、使われています。
直訳すると「運命を風に投げちゃえ」なので「風の吹くまま」などと訳されています。

オリジナルバージョンももちろんよいのですが、秋になると何故かこのピアノだけのGeorge Winstonバージョンが聴きたくなります。ピアノソロって秋の音?
"Linus & Lucy : The music of Vince Guaraldi"というスヌーピーサントラのカバー集の1曲目です。
最後の方のエフェクトかかった音はどうやってんだろう?ってずっと思っていたんですが、このビデオを見て納得。私はピアノに疎いんで分からないんだけど、こういう奏法って普通なのかな?にしても超普段着で演奏しているなぁ・・・^ ^;

秋の気持ちのよい一日、アルバムの続きはお出かけしながら聴こうー

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

自分の好きなインストものについてご紹介しつつ、つらつらと書いております(長らく洋楽歌詞の和訳を載せていましたが、思うところあって非公開にしました。現在は、インストもののご紹介のみをしています)。


Words from the Sleeping Heart

こちらでは映像と実務の掛け持ちフリーランス翻訳者(つまり私ですが)のつれづれを人知れずそして誰にともなくひっそりと書いております。

Contact me!

名前

メール *

メッセージ *