The Show Must Go On by Queen

The Show Must Go On / Queen
(ショウ・マスト・ゴー・オン / クイーン)

空っぽの空間 僕らは何のために生きているんだ?
うち捨てられた場所 僕らはその真実を知っていると思う
ずっとずっと
僕らが何を探しているのか知ってる奴がいるだろうか?

またヒーローがうまれる、また心ない犯罪がうまれる
カーテンの後ろでパントマイムを演じる
そのままでいてくれ
これ以上欲しがる奴がいるだろうか?
ショウは続けなければならない
そう、ショウを続けなければ
心の中はつらくて
メイクもはがれおちるかもしれないけど
笑顔のままでいるからね

何が起こっても、すべては天に任せる
また心を痛めても、またロマンスに破れても
ずっとずっと
僕らが何のために生きているか知ってる奴はいるだろうか?
僕は学んでいるんだと思う
今は前よりも温かな人間になっているはずだ
僕はもうすぐ向きを変えることになるだろう
もう、角を曲がるところだ
外では夜が明けていく
だけど僕は闇の中で自由になりたくてたまらない

ショウは続けなくちゃいけない
ショウを続けなくちゃ
心の中はつらくて
メイクもはがれおちるかもしれないけど
笑顔のままでいるからね

僕の魂は蝶の羽根のように描かれて
昨日のおとぎ話が先に進んでも、決して終わりはしない
僕は飛べるんだ、大切な友よ…

ショウは続けなくちゃいけない
ショウを続けなくちゃ
にっこり笑って迎えるよ
決して諦めたりしない
ショウだもの

僕が主役さ
やり過ぎくらいにやってやる
やり続ける意志を持たなくちゃ
ショウを
ショウをね

ショウは続けなくちゃいけない
続けなくちゃ
続けるよ
続けるよ
ずっとずっと





"The Show Must Go On" 筋肉少女帯のNewアルバムのタイトルなんですよね…そう、実は大ファンなので、今回のツアーも東京3日間+大阪に行きました。楽しかったなぁ。そういえば今日(正確には昨日)は握手会だったのですが、外れちゃったので行けなかった。ぐっすん。

あ、すみません。だからQueenのこの曲というのも変なのですが、まぁなんというかせっかくなので(?)訳してみたいと思いまして…

本当のこと言うと、これを聴くとちょっと胸が締め付けられるような感じがしてしまって、リピートってできなかったんですが、今回、気合を入れて何度も聴きました。
この曲が入っているアルバム「イニュエンドウ」の発売が1991年2月で、フレディが亡くなったのは11月。曲が作られたときにはもうフレディの体調はかなり悪かったようです。だけど、そんなこと感じさせない声です。いつでもいつまでも皆を楽しませよう、喜ばせようと考えていたんだなぁと、過去の素材を集めたMV(フレディの体調のせいでそうするしかなかったのでしょうね)を見てもひしひしと感じました。あぁ、この人はなんて偉大なエンターテイナーだったのだろうと思います。




0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *