Stairway to Heaven by Led Zeppelin

Stairway to Heaven / Led Zeppelin
(天国への階段 / レッド・ツェッペリン)

光輝くものはすべて黄金だと信じているレイディがおりました
彼女は天国への階段を買うところなのです
そこに着いたとき、彼女は知っていました
お店が全部閉まっていても、求めているものが一言で手に入れられると
彼女は天国への階段を買うところなのです

壁には張り紙がされています
けれど彼女は確かめたいのです
だって、言葉には2つの意味があったりしませんこと?
小川のほとりの木の上で、一羽の鳥が鳴いています
時として、私たちの考えていることなど、全部疑わしいものですよ、と
不思議な気持ちになりました
私は不思議な気持ちになったのです

西の方角を見つめると、感じるのです
私の魂がここを離れたいと叫んでいるのです
頭の中で、煙が輪になり木々を抜けていくのが見えます
そしてただそこに立ち尽くして見つめるだけの人々の声が聞こえるのです
不思議な気持ちになりました
私は本当に不思議な気持ちになったのです

すぐに、囁きが聞こえてきます
皆、思う通りにしたいものなのか、と
笛吹きが私たちを理性へと導きます
すると長い間立ち尽くしている人々のために、新しい夜明けが来るのです
森には笑い声がこだまするでしょう

あなたの庭の生け垣が騒々しくなっても、
今は驚かないでいてください
5月の女王のために春の大掃除をしているだけですから
そうです、あなたが通れる小径はふたつあるのです
けれど長い目で見れば、あなたが歩む道を変える時間はまだあります
私は不思議な気持ちになりました

あなたの頭の中ではハミングが止まりません
念のために申し上げておきますが、
笛吹きが一緒に行きましょうとあなたを呼んでいるのです
レイディ、あの風の音が聞こえますか
知っていましたか
あなたの階段はあの囁く風の中にあるということを

曲がりくねった道を行くとき、影は魂よりも背が高くなるものです
私たち皆が知っているひとりのレイディが歩いています
白く光輝く彼女は、すべてのものがいかにしていまだに黄金に変わるのかを見せたいのです
そして、注意深く耳を傾けるなら、あなたにもその調べが届くことでしょう
すべてがひとつであり、ひとつがすべてであるとき、
転がらぬ石となるように

彼女は天国への階段を買うところなのです




はい、途中放置&今更&ビデオを貼っ付けたかったシリーズですね…これもきっと沢山のファンの方が訳されていると思いますので、ひっそりと仲間に加えてやってください。

この歌詞については文字通り数え切れないほどの解釈があるようで、私がよく見ているSongmeaningsでも実に1800以上のコメントが寄せられていて、早々に読むのを諦めました。他にもプラントのコメントや聖書の言葉などを元に、一行一行、解説しているサイトなどもあります。いやぁ、この曲は聞く人の想像力を駆り立てて止まないのですね。

私には何だか挿絵のついたおとぎ話のように感じるので(昔々あるところに…)、ですます調にしてみました。ポイントはそれだけです。解釈は?と問われたら正直よく分かりませんです。ただ、主人公はレイディですが、バンドのことを唄っているような気もします。いずれにしてもこんな歌詞が書けるプラントは素敵だなぁ…でもこの訳、なんだか翻訳ソフトにかけたみたいにも見えますね(汗)

貼り付けたかったビデオは、Led Zeppelinが2012年にケネディ・センター名誉賞を受賞したときのトリビュート演奏です。唄は全コーラス分ではなく、ちょっと短くなっています。メインの演奏はHeartのアンとナンシー姉妹だったのですが、それを仲良く和やかな雰囲気で見つめる3人の表情がものすごくよいのです。プラントの目はどんどんうるうるしてくるし、ギターソロの後、コーラスがわんさと出てくるシーンでペイジが「ワーオ、ワーオ」って言ってるところも必見。ドラムはジェイソン・ボーナムです。何度見てもこっちまでジーンとしてしまう。夭折して伝説となったアーティストだけが放つ輝きというようなものも確かにあると思いますが、生きながら伝説と化している彼らの皺や白髪だけが語れるものもあるのでしょうね。長生きしてもっともっと愛されてくださいね、と思っちゃいます。

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *