Quiet Life by Japan

Quiet Life / Japan (クワイエット・ライフ / ジャパン)


少年たち、今、時代は変わりつつある、状況は荒れそうだ
少年たち、頭をよぎったことがあるのか
少年たち、どこかへ出て行こうとでももくろんでいるのか
少年たち、そんな時間を見つけるというのか?

僕たちはここで立ち往生している
どうもかわり映えしないようだな
気をつけろよ、静かな生活がまた戻ってくる

少年たち、田舎はここからほんの数マイル先だ
少年たち、標識に気づいているのか?
少年たち、ハンドルを握るその手が決められた道筋に抵抗するなら
少年たち、理由を問いかけてももう遅い


僕たちはここで立ち往生している
どうもかわり映えしないようだな
気をつけろよ、静かな生活がまた戻ってくる

決して振り返ることなく
立ち去ろうと背を向けるとき
君たちは僕のことを考えるか?
考えるというなら、それを止めることができるというのか?



途中放置の訳を仕上げるシリーズ(なんじゃ、そりゃ)が続いています。
仕事が一息つくと猛烈にやる気が。。。いつまで続くか分かりませんけれど。

あー、しかしこのPVのデヴィッド・シルヴィアン、信じられない美貌ですなぁ。
そして、指がほっそりしていて素敵だなぁ。
どうにもこうにも今更な選曲で、当時この曲をコピーしていた友人が知ったら、お前、何やってんの?って笑うでしょうね。このPVを自分のブログに貼り付けたかっただけなんです、たぶん。

昔は何だか不思議な歌詞だなーと思っていただけですが、マネージャー(大物で敏腕でゲイ)のサイモン・ネピア=ベルの語りとの説があるようで、そう考えると何だか分かるような気もします。

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *