Big Bang Theory Theme by Barenaked Ladies

Big Bang Theory Theme / Barenaked Ladies
(ビッグバン☆セオリー テーマ / ベアネイキッド・レディース)

ボクらのこの宇宙は高温、高密度の状態にあったってわけだ
で、140億年前に膨張が始まり・・・えっと、待てよ・・・
地球が冷え始めて
独立栄養生物がよだれをたらし始めて
ネアンデルタール人が道具を開発して
ボクたちは壁を作って(ピラミッドも造って)
数学、科学、歴史、ミステリーの解明
これ、全部ビッグバンから始まったんだもんね!

「人類の夜明け以来」なんて本当はそんなに昔じゃないわけだ
あらゆる銀河がこの唄を唄うより短い時間で形成されたように
ほんの一瞬で元素はできた
二足歩行の動物がシャキンと立って
恐竜たちが絶滅して
奴ら、時代の跳躍を試みるも、遅かったんだな
で、みんな死んじゃった(これがまたケツまで見事に凍っちゃった)
海よ、そしてパンゲアの大陸よ
んなわけで、じゃあ、まったね~
同じビッグバンによって始動せよ!
これ、全部ビッグバンから始まったんだもんね!

宇宙は、外側に向かってずーっと膨張しているんだけど、
ある日、今度は星たちが逆の方向に進むようになって
内側に向けてどんどん壊れていく
ボクらはここにいなくなるけど、んなもん痛くもない
最高に光輝く姿で
ボクらがもっと大きなビッグバンを起こすしね!

アウストラロピテクスがいたら、ホント、ボクらにうんざりしてただろうな
どうやってボクらがここにたどりついたかとか、奴らがどうやってシカを捕まえるのかとか
議論ばっかしてるもんで(ボクらがどうやってウイルスに感染するかとか)
宗教に天文学(デカルトに申命記)
これ、全部ビッグバンから始まったんだもんね!

音楽、神話学、アインシュタインに占星術
これ、全部ビッグバンから始まったんだもんね!
これ、全部ビッグバンから始まったんだもんね!




あー、今年は沢山訳すなんて書いておきながら、どんどん更新しなくなっている・・・レッチリもクイーンもツェッペリンも途中まで訳して放置してあるものがいくつあるんだか。。。
でもブログ自体は放置する気など微塵もなく、まぁ好きなときに更新するという主旨で、だらだらと続けてまいります。

これまでいろんな職場を転々としておりましたが、9月から自宅で翻訳の仕事をしています。
というわけで、翻訳のご依頼もお待ちしています(笑 いや、冗談でなく!対応分野、条件等、右下のMail me please!のところからご相談ください)
規則正しい生活を送れるのだろうかと思っていましたが、結構大丈夫なもので、今は毎朝6時に起きて、もろもろ準備をしたら、7時から「ビッグバン☆セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」の帯放送を見て、8時から仕事をするという健康的な毎日です。

「ビッグバン☆セオリー」はいわゆるアメリカのシットコムで、「フレンズ」以来の全米大ヒットコメディーと宣伝されてます。
留学していたときに居候していた先生夫婦の家に、可能な限り毎年遊びに行っているのですが、彼らがこの番組をものすごく好きで、昨年の滞在中に初めて一緒に見ました。しかし、主人公のオタク青年たちの物理系トークやらディープすぎるスタートレック話やらがぜんっぜん聞き取れないのもあり、イマイチ楽しめず帰国しました。日本でも放送されているのを知っていたので、気になってはいたものの、何となくそのまま時が過ぎ、今年もまた先生んとこで一緒に見て楽しめきれずを繰り返し・・・
なのに、いやぁ、不思議ですね。今頃、ハマッています。何事も「時が来る」ものです、はい。

何と言えばいいんでしょうか。ストーリーや笑いのツボ(と思われるところ)などが私にとってすっごく面白いわけでは決してないんです。でも主人公たちの恋愛ドタバタ事情やくっだらない意地張りを見ながら、彼らだけでなく脇役の性格やらクセやら細かいところまで段々分かってくると、なぜかどの子もみんな愛おしくなってくるんです(シェルドンとか実際に側にいたら、なるべくスルーしたいと思っちゃいそうですけど・・・)。
演じている俳優さんたちが素晴らしいということなんでしょうかね・・・
部屋の中の小物やフィギュア、ひとりひとりの服装など、なにせオタクくんたちが主役ですから、ディテールまですごく配慮が行き届いているし、そういうところを見つけるのも毎回とても楽しみで。

で、このオープニングテーマの疾走感も好き。
歌詞自体は、もうステキに韻を踏みまくってるので、日本語に訳すと???みたいにしかならないところが多々あるんですが(ちょっと言い訳)、でもこのPVのおかげでとにかく何だか面白い感じが伝われば幸いです・・・

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *