Life is a Traffic Jam by Eight Mile Road

Life is a Traffic Jam / Eight Mile Road
(ライフ・イズ・ア・トラフィックジャム / エイト・マイル・ロード)

自由の地、奴隷たちの故郷
時間概念に縛られて
6時間22分と3秒
あたしはこの役所の列に並んでる
外の渋滞の様子じゃ3時39分ってとこ
誰もがあっちからこっちへとせわしなくて
そいつらの顔を見るとさ、あたしと少しも違いやしない
どっちもまるで9時から5時まで働いてたみたいで
ねぇ、だけどタイムカード押して帰るときにはさ
ストレスじゃなくて、思いやりある分け前ってのが欲しいんだけど
この役所の列に並ぶってシフト勤務を始めたんだからさ
は、あたし、シフトって言った?うまいこと言ったもんだね
ドアの外に聞こえるのはサイレンだけ
あんたいくらかける?
救急車が大急ぎで病院に運んでくるのは
チンケな男か ヤクをやり過ぎた男か、おまわりにいじめられた黒人か
あたしが気になるのは、あいつらが何に向かって駆け込んでるのかってこと
交通渋滞をすり抜けて、たどりついた救急治療室も渋滞中で
そこは無料クリニックのはずなんだけど
あなた、保険に入っているの、いないのって、聞くことになるのはそれだけ
つまり適者生存ってこと
いったいあいつら、何に向かって駆け込んでるんだろう?
ったくもぉ、この窓口の男ったらトロいんだよ
時間概念ってやつがあたしたちみんなをぐっちゃぐちゃにしてる
結局のところ、人生なんて交通渋滞に過ぎないんだ


人生は短すぎる 身動きが取れない
誰かにとっつかまらないように 俺の背後を見張っててくれよ
渋滞の中で迷ってんだ 冷酷な悲劇ってやつだ
ぶちのめされたくなんてないよ
アホみたいな感じで歩いてる こんな気分にさせないでくれよ
教えてやろうか
人生は交通渋滞 行き詰まってる
もう逃げられないっていつ気づくんだ?
俺のやり方を変えようとしないでくれ、お手上げなんだ
ゲームの標的なのさ、集中しろ
気がふれた車に気をつけろ、嘘をつくな
死ぬときまでハイでいてやる
それが俺の人生
俺の言ってることが分かるか
教えてやろうか
人生は交通渋滞 まったくもって
心を解きほぐして 魂に栄養を与えろ
3つの声は支配できないさ
覚えてな 人生は交通渋滞だってことを
人生は交通渋滞
行き詰まってる
人生は交通渋滞
行き詰まってる


 

すみません。最初に謝ってしまいますが、私はいわゆるラップとかヒップホップには全く疎いです。スラングもよく分かっていないし、rhymeもちゃんと踏んで訳そうとさえしていません。なのに、なぜこれを選んだかというと、Tim Rothが大好きだからでして・・・
"GRIDLOCK'd"という映画の最後に流れる、この曲、前々から挑戦してみたかったのですが、難しいなぁというのが先に立ち、できずにおりました。しかし、最近またこの映画を見返しましたら、うぐぐぐぐ、やっぱり訳したい!という気持ちがわき上がり。

映画は、ボーカルのCookie(Thandie Newton)、ベースのSpoon(Tupac Shakur)、キーボードのStretch(Tim Roth)、バンドを組むこの3人が大晦日にライブを終えてからのほんの2~3日のお話。薬の過剰摂取で昏睡状態になったCookieを何とか病院に運び込んだ二人、薬を止めてジャンキーな生活からは足を洗う!と宣言、公共医療サービスの中毒者用プログラムに参加しようと奮闘するも簡単には行かない上、いつの間にやらコワーいギャングに追われるわ、殺人の容疑をかけられるわで、もう大変なことに・・・という内容。歌詞からも何となく想像できるかと。どちらかと言えば白人Stretchがぶちギレやすくてクレイジー、黒人Spoonが冷静ななだめ役、人種やHIVの絡みも出てきてハッとさせられますが、この二人の関係が何ともいいんですよ。

実はこの映画を見るまで、この唄を作ったTupacが25歳の若さで銃によって暗殺された(しかも映画の封切り前に)伝説のラッパーだったということさえ知りませんでした。あ、でもこれはラップというよりポエトリー・リーディングに近いのかも。とにかく、この曲、カッコイイんです!Tim Rothはこの後、「海の上のピアニスト」でもやっぱりピアノを弾く役を演じていますが、ぜんっぜんタイプが違うので、見比べるとまた面白い。本当に幅の広い役者さんでステキです。あの眠そうな目つきがたまらんです。語ると止まらなくなるのでこの辺で止めます、はい。


【「心を解きほぐして 魂に栄養を与えろ 3つの声は支配できないさ (Stretch your mind, Spoon feed your soul, 3 voices you can't control)の部分、閉塞感満載のそこまでと比べると、ここだけちょっと雰囲気が違うかな?と感じるのですが、StretchとSpoonって言葉が使われてて、そして3つの声はCookieも加えた3人のことかと考えると、Tupac、オツなことするもんだなぁと。】

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *