Boy Lilikoi by Jónsi

Boy Lilikoi / Jónsi (リリコイの少年 / ヨンシー)

僕はリリコイの少年になりたい
君は爪を研いでは ほえる、うなる
人々なんて怖がらない
走る、自由に、果てなき木々を登る
君は再び燃え上がる
うなる ほえる 歯を見せて
かみつく、それでいいんだ

何も言わなくていい
君の目で見るんだ 世界はそわそわと落ち着かなげに回っている
君の目で見るんだ 自分が何者か分かるだろう
君の目で見るんだ 世界はそわそわと落ち着かなげに回っている
君の目で見るんだ 自分が何者か分かるだろう

荒れ狂う光線、野生の少年
君は赤々と燃えさかり、光輝く
ある日、燃え尽きた君は
戦うことを止め
心拍数を落とす

僕たちは皆、年老いる
君の人生を生きるんだ 世界はそわそわと落ち着かなげに回っている
君の人生を生きるんだ 自分が何者か分かるだろう
君の人生を生きるんだ 世界はそわそわと落ち着かなげに回っている
君の人生を生きるんだ 自分が何者か分かるだろう

電線は途切れ
七色の光は茶色く色褪せる
冒険心に満ちた笑顔はしかめ面に変わり
勇敢な少年も、今では道化師
南極に生える草のような髪から王冠を外し
元気いっぱいの友達も、今では廃墟の街に

君は走る
君は走る

僕はリリコイの少年、君になりたい
君は爪を研いでは ほえる、うなる
人々なんて怖がらない

電線は途切れ
七色の光は茶色く色褪せる
冒険心に満ちた笑顔はしかめ面に変わり
勇敢な少年も、今では道化師
南極に生える草のような髪から王冠を外し
元気いっぱいの友達も、今では廃墟の街に

君は走る
君は走る



そもそも英語の歌詞を検索したら2種類ありました。結構異なる箇所があり、一体どちらなのか?と思ったのですが、1つは私の耳に聞こえるのと近く、もう1つはこれは聞き取れないと思う部分のあるもの。結論として後者が本当の歌詞なのだろうと・・・(泣)
"unafraid of Hoi Polloi"なんて聞き取れません。パッションフルーツのことをハワイではLilikoiというそうなので、"Hoi Polloi"もハワイ語かと思ったら古代ギリシャ語で「多くのもの」という意味で(詳しくはwikiをどうぞ)、そこから「多数派」「人々(一般大衆って感じでしょうか)」などを指すようです。今回は「人々なんて怖がらない」としてみました。因みにもう1つの歌詞では"unafraid of all colour"となってました。

Jónsi難しいなぁ。でも理解してみたいと思わされます。アイスランドにも行ってみたくなります。
イギリスのゲイ雑誌"attitude"に載ったというJónsiのインタビュー記事とそれを個人的に訳した方の和訳("Synecdoche, New York"より)を見つけました。これ、とってもよかった。Jónsiのことがもっと好きになりました。和訳も素晴らしくて勉強になりました。

【「南極に生える草のような髪 (your antarctic hair)」って何だろかーと調べていたら、"antarctic hair grass (南極毛草)"という南極原産の草があるようで、このことなんかなーと。画像を見ても何の変哲もない草なのですが、何しろ南極に生えるくらいですからすごい生命力なのかなぁと勝手に想像してます。きっとアイスランドにも生えてるんでしょうね。】

4 コメント:

Mrs.McCrea 2010年9月20日 3:48  

インタビュー、面白かったね!
この翻訳した人のブログも、いろんなおすすめが紹介されてて、楽しかった!!
それにしても、インタビュー中、アレックスとの関係を語るくだり、とっても好きだった。あ~~、そんな2人、いいな~~~。
私が今秋絶対観たいと思ってる、アートコレクターの夫婦のドキュメンタリー中、老いた妻が「私たちはお互いがいるからとても幸せ」という言葉を聞いて胸が詰まったのと同じ気持ちが湧いたよ。



訳詞、ハイペースですなー。




今回のヨンシーのもとってもよかったです。
頑張ってねー。

あ、やばいまた削除ジゴク・・・

vabooshca 2010年9月20日 20:49  

McCrea夫人、コメントありがとう。
いひ、嬉しいでする。

ヨンシーのカミングアウトが極端にゆっくりで状況が一変しなかったっていうのが、とても興味深かったです。
そして同じ道を歩いてくれていると言える存在がいるのは幸せだよね。

そのドキュメンタリーもよさそうですなぁ。

そうなんす、なんだか予想外のハイペース…
夫人から依頼されているものも準備中ですよん。
それとkannivaの英訳もやる!と言い切る。

しかし編み物の季節が到来するので、そしたらペースダウンするかもしれないですなぁ。

delete keyの呪い(不具合か)が解けることを祈ってます!

匿名 2015年11月13日 21:46  

本当に素敵な詞ですよね。
メロディーも美しくて大好きな曲です。(最近初めて聴きました)

5年前の記事になに言ってんだがっていう感じですが、
和訳ありがとうございました。

vabooshca 2016年4月1日 14:27  

匿名さま

ありがとうございます。
5年前の記事に書き込んでくださるなんて、最高に嬉しいです。
ってこの返事をお読みになるかも分かりませんが、感謝しております!

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *