Rikki Don't Lose That Number by Steely Dan

Rikki Don't Lose That Number / Steely Dan
(リキの電話番号 / スティーリー・ダン)

君が出ていくって、皆、聞いたよ
それはいいんだけどさ
俺たちのちょっとしたバカ騒ぎは始まったばっかだと思ってた
自分のことが怖くなって、逃げたくなったってとこだろうね
だけど、もし気が変わったら…

リキ、その電話番号、忘れんなよ
誰にもかけたくなんかないだろうけど
自分宛の手紙にでも書いて送っとけばいいよ
リキ、その電話番号、忘れんなよ
君にあるのはそれだけなんだから
自分ちに戻って気持ちが落ち着いたら
かけたくなるかもしれないし

街には1人、友だちがいるんだ
君の名前も知ってる
俺たち一緒にスローハンド通りをドライブして出かけることもできるさ
家にいてゲームしてもいいな
分かんないけど
君の気も変わるかもしれないよ

リキ、その電話番号、忘れんなよ
誰にもかけたくなんかないだろうけど
自分宛の手紙にでも書いて送っとけばいいよ
リキ、その電話番号、忘れんなよ
君にあるのはそれだけなんだから
自分ちに戻って気持ちが落ち着いたら
かけたくなるかもしれないし

自分なんか俺の好みじゃないって言い聞かせてるんだろ
だけど、君は自分のことさえ分かってないんだ
君の気も変わるかもしれないよ

--------------------------------------------------------------------------

いやはや、昨年の11月以来の更新です…普通、もう放置と思われますよね、このサイト。
とはいえ、決まったフォロワーさんがいるサイトでもないでしょうし、あまり関係ないか…

なんだかんだ仕事に追われてました…まぁ、今も追われてはいるんですが。
昨日ひょんなことから訳した文章の中に"Steely Dan"が出てきまして、あー全然知らんなーってYoutubeで適当に流していたら、知ってるのもいくつかあるんだと気づきました。
特に"Rikki Don't Lose That Number"は、このあたりの大人な音楽(すんません、こんなざっくりなくくりで…)をほとんど通っていない私でもすぐ分かりました。
なもんで、これだ!と訳してみました。

(あ、でもYoutubeに音源がなくなってしまいました…その代わりと言っちゃなんですが、この曲をカバーしてアップしている人が何だか沢山いらっしゃいますよ…こちらで見てみてくださいね)

リキはRikkiなんですねー、それさえ知りませんでしたよ…
てっきりRickyかと。Rickyだと男性になっちゃいますね。
というわけで、バカ騒ぎ生活をしている自分自身に不安を感じて、生まれた街?かな、自分の家に戻ろうとしているRikkiちゃんに向けて、俺の電話番号忘れんなよーって唄っているわけですね。
電話番号はリキのものではないから邦題である「リキの電話番号」は誤訳と言われているようです。まぁ、意味よりも「リキの電話番号」って覚えやすい(?)タイトルにしちゃえってことだったのかもしれませんね。んー、正しくは「リキの(知っている俺の)電話番号」ということで。

しかし、これって携帯、スマホが子どもからお年寄りにまで行き渡ってしまった現代では起こりえないシチュエーションなわけで(まあ、携帯やスマホをなくしちゃったらそもそも自分の電話番号さえ覚えてないってことにもなりかねないですけど)、そういうのがまた何ともいいですね。
いままでの人生のうち携帯やパソコンなしで生きていた時間の方がそろそろ短くなりそうなんですが、両方の時代を知っててよかったなと思います。たとえ携帯やパソコンがなくなっても(ものすごーく困りはするでしょうが…職も失うかもしれないし)、まぁなんとかなるというのを実感から想像できますから。

次回、更新はいつだろう…意外に早いかもしれないし、また来年だったりしてなぁ。。。






0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *