Can't Live with The World by Laura Mvula

Can't Live with The World / Laura Mvula 
(キャント・リブ・ウィズ・ザ・ワールド / ローラ・マヴーラ)

世界をその肩に全部背負ってなんて生きていけない
あなたのその肩に…
私の手を取れば、愛が私たちを見つけるのが分かる
私たちを見つける…
あなたはもう長いこと暗い場所で迷い続けてる
もう長いこと…
だから、私があなたを見つけて、ここにいて、抱きしめてあげる

一緒にいて、朝まで抱きしめてあげる
しっかりと抱きしめてあげる

世界をその肩に全部背負ってなんて生きていけない
あなたのその肩に…
私のところに来て、あなたが闘っているものにサヨナラしようね

一緒にいて、朝まで抱きしめてあげる
しっかりと抱きしめてあげる
一緒にいて、朝まで抱きしめてあげる
しっかりと抱きしめてあげる

自分がどれだけ遠くに来てしまったのか思い出して
始めから終わりまで
私を頼って

世界をその肩に全部背負ってなんて生きていけない

一緒にいて、朝まで抱きしめてあげる
しっかりと抱きしめてあげる
一緒にいて、朝まで抱きしめてあげる
しっかりと抱きしめてあげる


世界をその肩に全部背負ってなんて生きていけない
世界をその肩に全部背負ってなんて生きていけない

朝が来るまでいるから
朝が来るまでいるから
朝の光が射すまで抱きしめているから
朝の光が射すまで抱きしめているから



あ!っという間に4月になってしまいました…
今年の頭までは、フリーランスでやっていけるのだろうか…と不安ばかりでしたが、おかげさまで順調に進み、時間のやりくりに頭を悩ませるくらいになりました。

今日締め切り一つと月曜締め切り二つがあり、土日はKing-Showのライブ行っちゃうし(そうです、今までこのブログでは全く触れていませんが、私はかなーりコアなファンなのです…東京のライブはほぼ皆勤です)、あーやばいーという状態なのに、どうしてもこの曲が聴きたくなり、聴いていたら訳したくなり。

海外ドラマは「ビッグバン☆セオリー」以外はほぼ犯罪サスペンスしか見ないのですが(何か深いところで病んでいるのではないかと思うくらいです…)、特に好きなのが「クリミナル・マインド」です。Super Drama TVでやってた過去シーズンも、Dlifeでやっている過去シーズンも、WOWOWでやっている日本での最新シーズンも、欠かさず見ているのですが、この曲はWOWOWの「クリミナル・マインド8」のエンディング曲です。
初めて聴いたときは、うわー、なんじゃこの曲、鳥肌が立つくらい素敵だー!しかし、全くドラマと合わない…と思ったのです。が、不思議なもので、今ではシリアル・キラーものの結構エグい描写や救いようがない話を見た後に、この曲が流れると、もう何と言うかすべてを洗い流してくれるような浄化作用を感じるのでした。

でもって、「クリミナル・マインド」の主人公たち、FBIの行動分析課(BAU)の皆の日常を考えると、歌詞も実にびっくりするぐらいぴったりなんですよね。

ところで、アーティストの名前、本当は「ローラ・マヴーラ」ではなく「ローラ・ンヴーラ」という感じの発音になるようですが、本人、特に気にしていないとか。TOKIO HOT 100に出演したときのクリス・ペプラーとの対談で話しています。(後半部分に載っています)

あー、あと1回聴いたら、仕事に戻ります!







0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *