Bohemian Rhapsody by Queen

Bohemian Rhapsody / Queen
(ボヘミアン・ラプソディ / クイーン)

これは現実か?
これは幻想か?
土砂に巻き込まれ
現実からは逃げられない
目を開いて
空を仰ぎ見てほしいんだ
僕はただの哀れな若者 同情なんていらない
だって簡単に手に入れたものは簡単に消えてなくなる
少し高く、少し低く
どのみち風は吹く、僕にはどうだっていいことなんだ どうだって

ママ、男を殺したんだ
頭に銃をつきつけて
引き金を引いた 彼は死んだ
ママ、人生は始まったばかりだった
だけどもう取り返しがつかない 全部ダメにしてしまった
ママ、あぁ
あなたを泣かせるつもりじゃなかったんだ
明日の今頃僕が戻ってこなくても
生きて 生きてね 大したことじゃないかのように

もう遅すぎる 僕の番が来た
背筋がぞっとする
身体はずっと痛んでいる
みんな、さよなら、僕は行かなくちゃ
すべてに別れを告げて真実に向き合わないと
ママ、あぁ(どのみち風は吹く)
死にたくない
生まれてなんかこなければよかったのにと時々思うよ


男の小さなシルエットが見える
スカラムーシュ、道化の男、ファンダンゴを踊るのか
雷鳴と稲光が僕を途方もなく震え上がらせる
ガリレオ ガリレオ
ガリレオ ガリレオ
ガリレオ・フィガロ、貴族の男

だけど僕はただの哀れな若者、誰も僕を愛してくれない
彼は貧しい家の出のただの哀れな若者
この怪物から彼に命を分け与えたまえ
簡単に手に入れたものは簡単に消えてなくなるのだろう? 僕を行かせてくれないか
神の御名において! だめだ、お前を行かせはしない 彼を行かせたまえ
神の御名において! お前を行かせはしない 彼を行かせたまえ
神の御名において! お前を行かせはしない 僕を行かせたまえ
お前を行かせはしない 僕を行かせたまえ(決して)
決してお前を行かせない 僕を行かせて
決して僕を行かせない あぁぁ
だめだ 嫌だ だめだ 嫌だ だめだ 嫌だ だめだ
おぉ、ママミア、ママミア、ママミア、僕を行かせて
魔王ベルゼブブが僕のために悪魔を用意している
僕のために
僕のために

君は僕に石を投げ、侮辱できるのかい
君は僕を愛してから死なせるがままにできるのかい
あぁ、ベイビー、そんなことできないだろ、ベイビー
出なくちゃ、今すぐここから出なくちゃ


何がどうだっていいことなんだ
誰にでも分かる
何がどうだっていいことなんだ、僕には何がどうだっていいことなんだ

どのみち、風は吹く・・・




3日間連続で更新したことなんかないのに、一体どうしたんでしょう…しかもこんな名曲を今更。恐らく沢山のファンの方がすでに訳されているのではないかと思います。まぁ、訳したいときが訳しどきなので、ちょこっと仲間に入れてやってください。って、これも中途半端で放置していました。

仕事で翻訳をしていると、当然ながら分からないところがあろうと途中で放置することはできず何とかするしかないわけで、そういう状況を半年余り続けてきたら、あまりにも中途で投げ出している歌詞訳が溜まっていることが気になってきたっつう感じかもしれません。歌詞訳は趣味なので、好きにやればいいとも思っていますが。まぁ何事もときがあるので、やりたいときが来たというだけのことでありましょう。

改めて説明する必要のない曲ですが、ひとつ思い出すことがあります。私の通っていた中高一貫の女子高には合唱大会っつうのが毎年ありまして、唄う曲はそれぞれのクラスで好きに選んで申請するようになっていました。確か高2のとき別のクラスがこの曲を選んだんですよね。自分がそのクラスでなくて残念だったけど、いやぁ、あれはよかったです。曲調が変わる途中からは、40名ほどの女子たちがコーラスも完璧にもう完全にトランス状態、聴いている方もアドレナリンがあがりました、はい。在学中はいろいろな思いもありましたが、進学校のくせに制服がなかったり元々なかなかリベラルな学校ではあって、この曲に許可を出すような先生たちがいたというのも今考えれば少々誇らしいやも。



0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *