The Sun, The Trees by Russian Red


The Sun, The Trees / Russian Red
(ザ・サン、ザ・トゥリーズ / ロシアン・レッド)

お日様の光がキッチンにあふれてる
あったかくて気持ちよくって
あー、思わず深呼吸
今頃あなたは皆を笑わせてるのかな
だってあなたっておもしろいもん、あなたっておっかしいもん

窓の外で木々たちが踊ってる
そう、風にのって踊ってる
んー、なぜかな、どうしてなんだろう
何で私たち離ればなれなのかな
だって私たちっておもしろいから、私たちっておっかしいから
ま、内面が美しいのデス

太陽は木々に月は海に
雲は私の上に
太陽は木々に月は海に

夜が深まると海は静かになって
空から飛び込んだ光が反射するの
月がお散歩するのが見られるかな
だって輝いているもん、光っているもん
月が影を照らしながらお散歩するとこを一緒に見ようね

太陽は木々に月は海に
雲は私の上に
太陽は木々に月は海に
太陽は木々に月は海に




えっと、楽しいクリスマスホリデーでしたでしょうか?
2011年も残りあと1週間、気がつけば4ヶ月も放置してしまいました。ごめんなさい・・・

9月に父が亡くなりました。父との最期の日々は私にとってとても大事な宝物です。そして10月にはバタバタと新しい仕事に就き、ビジネスシーンでの英語があまりにもできずヤババっとなって勉強したり、あーでもまた編み物の季節になっちゃってあれやこれやと編み始めたりってな具合でありました。って何の言い訳なんだか・・・

しかし、気づけばレッチリがニューアルバムを出してサマソニ出演(超とっちらかり中で全く行けず・・・)、kannivalism充電中にbaroque復活(正直に言えば、私はやっぱりkanniが好きなので、ものすごく残念です)、ムーンライダーズは無期限活動休止(最後のサンプラは泣きました)、時は着々と流れているのですね。

この曲は私がよく見ているCSのチャンネルで、今月のお薦めとしてかかっています。初めて聴いたときは、わわわ、この寒い季節になんなんだこの初夏に聴きたくなるような爽やかな曲は・・・そしてスペイン人なのに何故ロシアン・レッド?と、頭の中が???でいっぱいになりましたが、とってもクリアな唄声とどこか懐かしいような雰囲気のほんわかした曲調が耳から離れず。久しぶりかつ今年最後(多分・・・)にアップするのに、自分としてはぴったりな唄だなぁと感じたのでした。深読みしたら野暮だなって思うんですが、同じ自然を感じたら離れていようがどこにいようが一緒にいるんだよ、って気分で訳しました。

太陽の下で思い切り伸びをしたくなるような曲ですが、最初は暗くて悲しいサウンドだったらしいです。う~ん、想像つきません。すでに10月に来日していたんですね。名前の由来やらデビュー・アルバムのことやら、興味ある方はこちらのインタビュー記事をどうぞ。

来年も好きな曲を楽しみながら訳していこうと思います。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください☆



4 コメント:

ノエルかえる 2012年1月23日 18:12  

ええ!
ロシアン・レッドを取り上げて下さったのですか!
うれしいです。

vabooshca 2012年1月24日 20:38  

きゃあ!
私はノエルかえるさんが、
コメントくださったのがうれしいですよぅ~(*^_^*)/

とにかく一時期、この唄が頭を離れませんでしたもので・・・(^_^;)

lovin 2018年1月31日 20:07  

vabooshcaさんはじめまして!
Russian Redさんの曲の和訳を探してたらここにたどり着きました!
vabooshcaさんのとても可愛らしい訳詞にすごく感銘を受けて
この曲がより一層好きになりました!ありがとうございます!
最近洋楽を聴き始めたので、またブログを参考にさせてもらいますね!

vabooshca 2018年5月14日 11:42  

lovinさん、コメントありがとうございます。私の拙い訳でこの曲が一層好きになっていただけたなんてことがあるのか!と本当にこちらがありがとうの気持ちでございます。
って、すっかり遅くなっちゃって、もう見てはいただけないかもしれませんが。歌詞訳はお休み中なのですが、時々すごく手を出したくなる時があるので、たまにアップするかもしれません。。。
とにかくありがとうございました!!

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *