Cast Your Fate to the Wind / 秋になると聴きたくなるinstrumental

のろのろとホットケーキを作って、さぁ食べるぞってとこで、メープルシロップを切らしてるのに気づいて大ショック・・・うー、気を取り直して、ハチミツで代用。まぁ、George Winstonバージョンのこの曲でも聴きながらゆっくり食べよう。

"Cast Your Fate to the Wind"は元々はVince Guaraldiというジャズ・ピアニストの曲です。
昔、アニメのスヌーピーのサントラが欲しくて探したとき、このヒゲのおっさんが担当していると知ってえらくびっくりしたものでした(このビデオの冒頭でも一瞬映ります)。この曲はサントラ用として作られたわけではないようですが、使われています。
直訳すると「運命を風に投げちゃえ」なので「風の吹くまま」などと訳されています。

オリジナルバージョンももちろんよいのですが、秋になると何故かこのピアノだけのGeorge Winstonバージョンが聴きたくなります。ピアノソロって秋の音?
"Linus & Lucy : The music of Vince Guaraldi"というスヌーピーサントラのカバー集の1曲目です。
最後の方のエフェクトかかった音はどうやってんだろう?ってずっと思っていたんですが、このビデオを見て納得。私はピアノに疎いんで分からないんだけど、こういう奏法って普通なのかな?にしても超普段着で演奏しているなぁ・・・^ ^;

秋の気持ちのよい一日、アルバムの続きはお出かけしながら聴こうー

0 コメント:

コメントを投稿

About this blog

洋楽・英語の歌詞を和訳して載せています。ごめんなさい。元の英語は載せていません。


よろしければ「このブログについて」もお読みください。


Disclaimer

このサイトでは、個人的な楽しみとしての歌の理解に役立てばと考え、訳を掲載しています。歌詞の著作権、又その他の権利は各アーティスト等にあり、その権利を侵害するものではありません。


また、掲載されている歌詞の訳は管理人であるvabooshca独自のものであり、公式のものではありません。


vabooshcaは生粋の日本人ですので、間違った解釈、誤訳などもありえますが、平にご容赦くださいませ。時々、自主的にマイナーな修正も行っています。コメント欄が小さくて分かりにくく、申し訳ないのですが、温かなまなざしにてコメント・ご指摘をいただけますと嬉しいです!(ずっと下の方に、メッセージ用のメールフォームもあります。ご自由にどうぞ)































































































































































































Contact me!

名前

メール *

メッセージ *